jaja!men's getしてからの道のり〜ロデオボーイで乗馬中〜


桃色吐息
現在、ワタクシのあそこはトゲトゲ・・・

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  - |  |  | -
不安
そろそろ社会復帰出来ないのではないかと不安になってきました。

こんばんは、jajairieです。


休みって素晴らしい。

1日家に入れるって素晴らしい。

インドア万歳\(-_-)/



なんですが、休みすぎるとやはり不安になりますね。。



不安といえば私の秘密の花園なんですが、

まるっと刈られた茂みが、

最近養分をたんととっているせいか、

やっと成長してまいりました。




成長したのはいいのですが、

なんといいましょうか・・・







まさにウニ状態になってまいりました。





カラダを動かすとオパンティとすれて茂みが動くのを感じます。

なんか、モゾモゾと変な感覚です。






茂み、完全に伸びきるかしら。。

ちょっぴり不安。

  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 21:17 | comments(6)
今日は比較的暖かかったですが、昨日までの数日間、

わたくし、あまりに寒くてチビリそうでした。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。jajairieです<(_ _)>


わたくしは、自宅療養中のため、ゴミ捨て以外は、一歩も外へ出ておりません。

当初、退屈で仕方ないかと思っていたこの療養期間ですが、

全くもってノープロブレムでございます。

一日中家にいれるって幸せ。

パソコンがあれば、全く飽きませんね。

読書も思いっきり出来るし。

えぇ、読書ですよ。

卑猥なサイトの閲覧など、一切しておりません(-_-)






しかし、こんな風にブログを更新できるのも、偏に

入院中にお世話になった先生や看護師の皆さん、

色々手伝ってくれた家族や、

お見舞いに来てくれた友人のおかげです。

ほんとに、ありがとう。




なかでも、大活躍だったのが、硬膜外麻酔君。(←人じゃねぇし)

手術後も、彼のお蔭で、数日間、激痛から逃れられた。

彼は、局所麻酔のひとつで、背中から細い管を通して、そこから麻酔を流し込む。

詳しい事は良く分からないが、私は術後も暫く首から麻酔が入った袋をぶら提げ、体に注入していた。

検索してみたところ、ビンゴな動画があったのではっつけておきますわ。(何でもあるのねYouTube)



このように半ケツ出しながら麻酔をされていた。(※この方は私ではありません。)

あいにく私は、後頭部に目を備え付けていないので、

まるきっり同じかと言われると困るが、

細い管といい、最後の方に取り付けた丸っこいプラスチックの器具といい、テープの貼り方といい、似過ぎている。

いや、同じだ(-_-)



そんなわけで、私はマスイ君を摂取し続けていた。



そして術後間もないある日、

いつものように回診で看護師の方がお見えになったので、

私はムクリと重い体を起こし、体温計を受け取り、

若干湿り気を帯びた脇に体温計をあてがっていたところ、



「あら、jajaさん、これいつからこうなってます??」



私は何の事かしら?と看護師さんの方を見てみると


( -_-)
















(;゚θ゚)ェ...............








マスイ君の細い管が外れている!!!
背中から外れてるわけではないけど、首から提げているマスイ君との連結部分が外れている!!
な、なんということ!!
ムクリと起き上がった拍子に抜けてしまったのか?!!
この管が外れてしまうと、有り得ない痛みに襲われるのでは?!
これは麻酔科の先生がブッ刺していったものだから、
麻酔科の先生が来ないとダメなのでは??
ノゥゥゥーーーー!!!
jajaピンチ!!!
















看護師さんがすぐ直してくれた(-_-)
なんて、素早い。
無駄に慌ててしまった。






こうして、マスイ君は順調に私の体内に入り込んできたわけだが、

それも永遠に続くわけではない。

出会いがあり、そして別れがくる。

そう、お別れのときが来た。

今までありがとう。マスイ君。

わたし、あなたの事は決して忘れないわ。







このマスイ君とのお別れの後、

ついに、私が恐れていたアレがやってきた。



やはり今まで平穏無事に過ごしていたのはあなたのお蔭だったのね。

別れて改めてあなたが必要だって、

大事な人だって、わかったわ。

だから許してね。

私、やっぱり我慢できないの。

もう、限界。

もぅぅぅ、ダメェェェ。
















「どうしました?」




「・・・・・痛いっす、お腹が痛いっす。。」




「伺います」






私は痛すぎてナースコールを押していた。














マスイ君の代わりに、この白の君が私を助けてくれた。

白の君は私の体にベストマッチ。

白の君と交わるだけで、私の痛みはフッと消える。

痛くて寝れない夜も、白の君のお蔭で眠る事が出来た。

私は貴方の虜。

  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 19:14 | comments(2)
しる







いくら私が汁ズキだからって、全部汁って・・・

どうなの?





ま、仕方ない。

入院中、食事制限が出ていたため、やっと胃に物を入れられるといっても、

このように流動食ばかりだった。



ていうか、お箸あるけど、出番はないわ。
  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 19:52 | comments(4)
初めての経験
前回の記事では、茂みのカットとヘソの掃除の事についてお話させて頂きましたが、

本日も私が初めて経験した出来事についてお話したいと思います。


まずは入院、手術における、

わたくしのお腹のスケジュールをご覧下さい。



<手術3日前>
・食事制限なし。
・就寝前、下剤を服用。


<手術2日前>
・食事制限なし。
・就寝前、下剤を服用。


<手術1日前(入院当日)>
・食事制限あり。断食。
・数種類の下剤を服用。
・就寝前、浣腸。


<手術当日>
・食事制限あり。断食。
・手術前、浣腸。


このように、4日間にわたり、私は下剤を大量摂取し、腸の中を空にした。

それはそれは過酷な戦いだった。


1回目の浣腸。


人様に肛門を見せ、しかも浣腸まで施してもらう、

そんな日が私にやってくるなんて、

全く予想できなかった。

ケツをパカッと開かれる瞬間、何とも言えない開放感に満ち溢れた。

ここをオープンできたら、もう私は何でもオープンできる。

一皮向けたわ。



2回目の浣腸。

もう、何の躊躇いもなかった。

自らプリッとおケツ差し出した。

おねだりポーズだ。

苦しい浣腸をおねだりだ。

液体が私の体内に入り込む。

全部入りきる前にもう私の腹部はグルグル音を奏でる。


「大丈夫ですか。頑張ってください!!」

もちろん、頑張る。

頑張らなかったら出てしまう。

全ての液体を注入され、もう今すぐにでもトイレへ駆け込みたいところだったが、

「ギリギリまで我慢して下さい。」

という、看護師さんのお達しを忠実に守り、

私はギリギリまで我慢した。

自分との戦いだった。


私は、精一杯戦った。

出し切った。

もう、私に出せるモノは何もない。




こうして、全てを出し切った私は手術台へと向かった。





JUGEMテーマ:入院


  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 15:50 | comments(2)
初めての経験
今回の入院におきまして、

私は、人生初という経験を何度かさせて頂きました。

これにより、私の経験値のレベルが、相当上がったのではないかと自負しております。


本日は、そのうちの1つをご紹介させて頂きたいと思います。





今回のオペで、私は下腹部にメスを入れる事になりました。

と言うことは・・・・


勘がよろしい方はビビビッと来たと思います。

そうです。


私の秘密の花園の繁みが、

まるっと刈られてしまうわけです。


入院当日の夜。

この日担当だった看護師の方が私の病室へやってきて、

「ヘアの処理をさせて頂きますね。(ニコリ)」

と、美しい顔で微笑みながら言った。

そう、こちらの看護師の方、とてもお美しいのです。

女の私がドキドキしてしまうくらい。


私もつられて

「お願いします(*´∀`*)」

と言ってしまったが、


確実に私より年下であろう美人看護師に、

無法地帯の花園を見せ、

鬱蒼と生い茂る茂みを刈らせるなんて、





おいそれとお願いしていいのか!!

こんな事で、美人看護師の手を汚してしまっていいのか?!

自分でやりますと言った方がいいのではないか?!





・・・いや、これも看護師さんの仕事。

私の花園ごとき、どうって事ないわけで、

いつの間にか私はオパンティをサクッと下ろし、

まるっと茂み全開の姿になっていた。


私は仰向けで天井を見つめ、

美人看護師は世間話を交えながら私の茂みをカッティング。

数分後、私の花園は見事トゥルトゥルに・・・・










と言いたいところだが、そうではなかった。


「トゥルトゥル」と言うよりも、「トゲトゲ」と言ったほうが正解の仕上りになっていた。



「では、次におへそのお掃除をさせて頂きますね。(ニコリ)」





(-_-)







(゚д゚) ヘソ?!





なんと、ヘソの掃除までするのか?!

予想外だ!!

ヘソはノーマクだった!!

全くもって放置していた!!







私は仰向けで天井を見つめ、

美人看護師は世間話を交えながら、

綿棒を巧みに操り、私のヘソの汚物除去を行った。

数分後、私のヘソは見事トゥルトゥルに・・・・





茂みのカットより、ヘソの汚物除去の方が相当時間がかかった。

私のヘソ半端ねぇ。




JUGEMテーマ:入院


  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 18:25 | comments(6)
お時間あるときにいかがでしょう。
無事退院できました。

こんにちは、jajairieです。


やはり、パソコンから投稿する方が何十倍も楽ですわ♪


退院は出来ましたが、まだまだ下腹部に痛みを感じますので、

暫くは大人しく家で縮こまる予定でおります。


さてさて、入院中はあまり更新できませんでしたので、これからボチボチ入院日記を書いていこうかと思います。


今回の入院は前回の入院のように診察→即入院というわけではなく、

予め入院する日にちを決めていたので、準備にも時間をかける事が出来ました。

とはいうものの、入院前に体調を崩してしまった私は、準備する気力が出ず、

改めて調達せねばならないような物はロデオに任せてしまいました。

えぇ、ロデオ君大活躍です。

ありがたいものです。

色々買ってきてくれました。


予定では一週間ほどの入院になるという事で、オペ後、快復してきたら暇になるだろうという事で、

DVDを買ってきてくれました。



















Image449~02.jpg


何すか、これ?(・∀・)


「もうひとつの原宿物語」・・・

聞いた事ないわ。

最初の原宿物語があるのかしら・・・








Image450~01.jpg


SAM?!

SAMって、アラサーの神、安室ちゃんの元旦那様のSAM!!

ダンサーSAMが出演の話題作!!






わたくし、安室ちゃんは大好きです。

しかし、申し訳ございませんが、SAMさんはそこまで興味はございません。

なので、私の口から「SAM」という言葉をロデオの前で発した事はほぼ無いと言っていいはずです。


なぜ故に、ロデオはこのDVDを購入してきたのか、分かりません。

わたくしもロデオもダンサーではありませんし・・・

原宿に何か縁があるわけでもございませんし・・・




とりあえず、オペも終了し、少し自由に歩けるようになったので、拝見してみる事にしましたが、

20分くらいしたら、「トントン」と看護師の方がドアをノックするではありませんか!!

おっと、回診の時間!!


別に、エ・ロ・D・V・Dを見ていたわけではないのに、

私は慌てて停止ボタンを押してしまった。

看護師の方も「大丈夫ですか・・?」と若干不審がっている様子。。

「だ、大丈夫です」(゚∀゚;)


クソ・・・なんでこんな微妙な空気になってしまったんだ(-_-;)





続きはまだ見ておりませんので、内容はよく分かりませんが、

20分しか観ていないのに印象的なシーンが多いように感じました。

特に印象に残っているのが、SAMさんがウォークマンで音楽を聴きながら歩くシーンです。

ステップを踏みながら歩くのですが、たまらなかったです。

ステップもまた素敵過ぎるのですが、その歩いている場所も驚きでした。

SAMさんはノリノリですが、おまわりさんがいたら注意されるのではないかと、心配になってしまいました。


ご興味のある方は是非ご覧下さい。

  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 14:55 | comments(2)
おぺ終了
人生初の浣腸を体験したjajairieです。
皆様、こんにちは。

オペも無事に終わり、痛みもだいぶ和らぎだしたので、日記をしたためようとiPod touchを手に取った次第でございます。

浣腸やられるは、尿管に管入れられるは、もうだいぶオープンです。

個室の為、あまり面白い出来事に遭遇しません。

しいていえば、わたくしの顔くらいでしょうか。

しかし、入院は本当に大変ですね。
健康が一番です。
皆様もどうかご病気などなさらないように、どうかお気をつけくださいませ。

ではまた∧( 'Θ' )∧
  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 10:20 | comments(8)
へたれjaja。二回目の入院日記。
皆様、長いことご無沙汰しております。
jajairieです<(_ _)>

おそらくご覧いただいてる方は、ほぼ0に近いとは思いますが、気にせず更新したいと思います。

実はわたくし、タイトル通り、入院する事になりました。

見た目はいたって健康優良児なのですが、中身はそうではなかったようです。

本日、入院一日目になります。
明日はオペします。
人生、初のオペです。
下腹部にメスが入ります。
若干ビビっております∧( 'Θ' )∧

現在は下剤をこれでもかっていうほど飲まされ、絞り出している所です。

ご飯も暫らくまともな物が食べられません(´Д` )←1番痛い

まぁ、重病ではなく、手術も難しい類いではなく、一週間で退院出来るので、心配無用なのです∧( 'Θ' )∧

明日は流石に更新は出来ないと思いますが、起き上がれるようになったらまた更新したいと思います。

今回はちょっとセレブ病院に入院してるので、メチャ快適ですわ∧( 'Θ' )∧

なんたって、個室なんですわ♪



点滴ちゆう。
  ヘタレjaja。二回目の入院日記。 |  | 17:45 | comments(5)

1/1pages


秘めクリ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
己の事
最新の戯れ事
選ばれし戯れ事
愛の囁き
月別の戯れ事
分別された戯れ事
愛のメッセージ
UNIQLOカレンダー

仕掛けがおもしろい♪
過去の汚行
夜のロデオボーイで乱舞仲間
♪ No Music No Life ♪
★ Recommend ★
○Perfume / Baby Cruising Love

カミングアウトしましたから載せちゃいますわ。


○RIP SLYME / Tales


メトロな私はこの曲が大好きでございます。
そしてイルマリも大好きでございます。



○KREVA らぶ


○My favorite
愛の痕跡



ジオターゲティング
携帯からもプリーズ
qrcode
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS